Categories
Best Classical Music

Enjoy beauty and magic: Stravinsky: The Firebird (1910)

Stravinsky: The Firebird / Gergiev · Vienna Philarmonic · Salzburg Festival 2000

The Firebird

Have you ever listened to a story told through music? Well, that’s what The Firebird does.

The Firebird, a ballet based on Russian folklore, premiered in 1910. Its music was written by Igor Stravinsky (1882-1971), then a young unknown Russian composer. In the early 1900s, Europeans were fascinated by all things Russian, including art and music. To take advantage of this, Sergei Diaghilev, the famous Russian ballet promoter, established his Ballet Russes in Paris in 1909. The following year, to highlight his second season, Diaghilev wanted a new ballet based on Russian folklore, and he needed someone to write the music. He asked several composers, but they turned him down. So he turned to Stravinsky. It was a gamble that paid off spectacularly.

Plot & Title Character

The Firebird is based on Russian folklore and myth. The title character is a powerful female spirit bird with magical feathers that provide beauty and protection and glitter like the tongues of flames.

The story begins with Prince Ivan Tsarevich wandering in a garden at night. He sees the Firebird eating golden apples and captures her. However, he releases her when she offers him a magical feather. The Firebird warns Prince Ivan that he’s near the castle of Koschei the Deathless, a fearsome sorcerer. The next morning while hiding in the garden, Prince Ivan watches thirteen captured princesses enter the garden and dance (remember, it’s a ballet). He falls in love with one of them and decides to rescue them.

There’s a problem, however; the garden’s full of statues, because Koschei turns anyone to stone who tries to rescue the princesses. Clearly he doesn’t want to share. Regardless, Prince Ivan confronts Koschei and uses the Firebird’s feather to prevent becoming another immobile statue. The Firebird then casts a spell over the sorcerer and his followers, causing them to dance uncontrollably until they drop. The prince then destroys a magical egg that holds the key to the sorcerer’s immortality. The spell is broken, the princesses are free, the statues return to life, and Prince Ivan marries his bride. All in 45 minutes!

Musical Themes

The Firebird was Stravinsky’s first large orchestral work, full of exciting music that captivated audiences of the time. Although we can’t analyze the complete musical score, let’s cover some important points that make the music memorable.

Stravinsky uses different kinds of music to tell the story. First, he identifies each character with a musical theme that conveys his or her personality. Remember, it’s a ballet, so there’s no singing or speaking. Human characters like Prince Ivan and his princess are represented by folk tune-like melodies using a familiar scale. You know, the one that starts ”Do, Re, Me.” We refer to this scale as the diatonic scale. This seven-note scale creates melodies and harmonies that sound pleasing and familiar to the ear.

On the other hand, mythical characters like the Firebird and Koschei are represented by chromatic musical passages. Chromaticism uses notes outside the diatonic scale, which makes the music more mysterious, exotic, and unexpected and identifies these characters as otherworldly. For Koschei, Stravinsky moves into dissonant chords. Dissonance has notes that clash. Composers use it purposely to create harsh and jarring sounds.

stravinsky free sheet music & scores pdf

Igor Stravinsky

Igor Fyodorovich Stravinsky (5 June 1882 – 6 April 1971) was a Russian-born composer, pianist, and conductor. He is widely considered one of the most important and influential composers of the 20th century.

Stravinsky’s compositional career was notable for its stylistic diversity. He first achieved international fame with three ballets commissioned by the impresario Serge Diaghilev and first performed in Paris by Diaghilev’s Ballets Russes: The Firebird (1910), Petrushka (1911), and The Rite of Spring (1913). The latter transformed the way in which subsequent composers thought about rhythmic structure and was largely responsible for Stravinsky’s enduring reputation as a musical revolutionary who pushed the boundaries of musical design.

His “Russian phase”, which continued with works such as Renard, L’Histoire du soldat, and Les Noces, was followed in the 1920s by a period in which he turned to neoclassicism. The works from this period tended to make use of traditional musical forms (concerto grosso, fugue, and symphony) and drew from earlier styles, especially those of the 18th century. In the 1950s, Stravinsky adopted serial procedures. His compositions of this period shared traits with examples of his earlier output: rhythmic energy, the construction of extended melodic ideas out of a few two- or three-note cells, and clarity of form and instrumentation.

The arrangement for piano solo can be downloaded from our Sheet Music Library.

The Music of The Firebird

Numbers designated by Stravinsky in the score

  1. Introduction

First Tableau

  1. Le Jardin enchanté de Kachtcheï (The Enchanted Garden of Koschei)
  2. Apparition de l’Oiseau de feu, poursuivi par Ivan Tsarévitch (Appearance of the Firebird, Pursued by Prince Ivan)
  3. Danse de l’Oiseau de feu (Dance of the Firebird)
  4. Capture de l’Oiseau de feu par Ivan Tsarévitch (Capture of the Firebird by Prince Ivan)
  5. Supplications de l’Oiseau de feu (Supplication of the Firebird) – Apparition des treize princesses enchantées (Appearance of the Thirteen Enchanted Princesses)
  6. Jeu des princesses avec les pommes d’or (The Princesses’ Game with the Golden Apples). Scherzo
  7. Brusque apparition d’Ivan Tsarévitch (Sudden Appearance of Prince Ivan)
  8. Khorovode (Ronde) des princesses (Khorovod (Round Dance) of the Princesses)
  9. Lever du jour (Daybreak) – Ivan Tsarévitch pénètre dans le palais de Kachtcheï (Prince Ivan Penetrates Koschei’s Palace)
  10. Carillon Féerique, apparition des monstres-gardiens de Kachtcheï et capture d’Ivan Tsarévitch (Magic Carillon, Appearance of Koschei’s Monster Guardians, and Capture of Prince Ivan) – Arrivée de Kachtcheï l’Immortel (Arrival of Koschei the Immortal) – Dialogue de Kachtcheï avec Ivan Tsarévitch (Dialogue of Koschei and Prince Ivan) – Intercession des princesses (Intercession of the Princesses) – Apparition de l’Oiseau de feu (Appearance of the Firebird)
  11. Danse de la suite de Kachtcheï, enchantée par l’Oiseau de feu (Dance of Koschei’ Retinue, Enchanted by the Firebird)
  12. Danse infernale de tous les sujets de Kachtcheï (Infernal Dance of All Koschei’s Subjects) – Berceuse (L’Oiseau de feu) (Lullaby) – Réveil de Kachtcheï (Koschei’s Awakening) – Mort de Kachtcheï (Koschei’s Death) – Profondes ténèbres (Profound Darkness)

Second Tableau

  1. Disparition du palais et des sortilèges de Kachtcheï, animation des chevaliers pétrifiés, allégresse générale (Disappearance of Koschei’s Palace and Magical Creations, Return to Life of the Petrified Knights, General Rejoicing)

Most recent music influence

Excerpts from The Firebird were used in Bruno Bozzetto‘s animated film Allegro Non Troppo and in Fantasia 2000.

Saviour Pirotta and Catherine Hyde’s picture book, Firebird, is based on the original stories that inspired the ballet, and was published in 2010 to celebrate the ballet’s centenary.

The influence of The Firebird has been felt beyond classical music. Stravinsky was an important influence on Frank Zappa, who used the melody from the Berceuse in his 1967 album Absolutely Free, in the Amnesia Vivace section of the “Duke of Prunes” suite (along with a melody from The Rite of Spring). Prog rock band Yes has regularly used the ballet’s Finale as their “walk-on” music for concerts since 1971. During the 1980s and 1990s, the chord which opens the Infernal Dance became a widely used orchestra hit sample in music, specifically within new jack swing.

It was used in the opening ceremony of Sochi 2014 during the Cauldron Lighting segment.

stravinsky the firebird

Music analysis

In a tradition stretching back to Glinka’s opera Ruslan and Lyudmila (1842), Russian composers used strange, chromatic scales and harmonies to depict supernatural forces and simpler, more “natural” folk melodies to represent human characters. Stravinsky continues this tradition throughout The Firebird, starting with the sepulchral opening for cellos, basses and bass drums.

After an introduction, the curtain rises on the magic garden of Kashchey the Deathless. Shrouded in darkness, knights and princes who have turned to stone lie on one side, a golden gate that leads to Kashchey’s castle on the other. In the center is a tree that bears golden apples.

All at once, a brilliant, fluttering crescendo and descrescendo passes through the orchestra as the Firebird flies through the garden,briefly illuminating it with a blinding light. In pursuit is Ivan Tsarevich, represented by a solo horn playing fragments of a Russian folk song just as Fokine described above. Throughout the ballet, Ivan is associated with the noble sound of this instrument.

Stravinsky piano sheet music
Bakst’s original sketch for the costume of the Firebird.

The Firebird soon reappears for her dance,well-known from the suite Stravinsky extracted from the ballet in 1919. A brief pause in the music marks the end of the dance. Ivan then catches the Firebird by surprise. After a brief struggle, the Firebird recognizes that she has been captured, and she and the Prince dance together as she pleads with him to let her go. This dance of the Firebird’s supplication begins with a sensuous, exotic melody for solo oboe, English horn, and viola; a contrasting middle section features a brittle accompaniment from cellos and basses played col legno (with the wood of the bow). After a reprise of the sensuous supplication melody, the dance ends and Ivan allows the Firebird to go free.

In gratitude, she gives him one of her feathers, telling him that she will soon return his kindness.

Ivan contemplates this giftaccompanied by a characteristic horn solo, until the grotesque music of Kashchey’s garden resumes. Ivan is about to leave this place when high violins and lyrical woodwind solos signal the entrance of the thirteen princesses who are Kashchey’s prisoners. Ivan hides, and the youngest and fairest of the princesses shakes some golden apples from the tree (illustrated by tremolo strings and a cymbal). Fast, fluttering music (not unlike that Stravinsky wrote in his Scherzo fantastique) then accompanies the princesses’ game with the golden apples.

This music comes to an abrupt stop when Ivan reveals himself.He introduces himself to the princesses accompanied by his solo horn, and they are so taken with him that they invite him to dance korovod, or round dance (another famous selection included in the 1919 suite). In a tribute to his teacher, Stravinsky took the melody of the dance from a traditional Russian folk song that Rimsky-Korsakov also used in his Sinfonietta.

Stravinsky piano sheet music
Golovin’s original sketch for the costume of Kaschey.

By the end of the dance, Ivan and the youngest princess have fallen in love, but their kiss is interrupted by trumpet callsthat announce that the princesses must return to Kashschey’s palace. Ivan and the princess reluctantly part, but no sooner has she left than Ivan determines to rescue her from the castle. As soon as he touches the golden gate, however, magic alarm bells ring out, and Kashchey’s demonic retinue captures him. Kashchey himself appears with a thunderous roll from the timpani and bass drum.

He confronts Ivan for trespassing,but Ivan spits at the evil sorcerer, much to his displeasure. The princesses intercede on Ivan’s behalf with their characteristic woodwind solos, but to no avail. After a pause, Kashchey begins to turn Ivan to stone with rumbling waves of sound from the depths of the orchestra.

Before it is too late, Ivan remembers the Firebird’s featherand summons her. Her flaming music signals her return, and she uses her magic to make Kashchey and his minions dance. The famous Infernal Dance (also included in the 1919 suite) is another musical tribute; it borrows its main melody from a passage in Rimsky-Korsakov’s opera Mlada that represented a witches’ sabbath. Stravinsky’s genius for rhythm, however, transforms the idea with syncopations and a series of musical lightning bolts that startled many unsuspecting attendees of the Paris premiere.

Exhausted from the dance, Kashschey and his creatures fall into a deep slumber, and the Firebird begins her lullabywith a haunting melody for bassoon. At the end of the lullaby, Kashchey awakens, but the Firebird shows Ivan where to find the egg that holds his soul. He tosses it from side to side accompanied by a lurching orchestra, and then smashes it, killing Kashchey and undoing his evil magic (the legend of Kashchey the Deathless’s egg likely inspired J. K. Rowling’s horcruxes).

The resplendent finalebegins with a horn solo based on a melody from a collection of folk songs that Rimsky-Korsakov had published (Tchaikovsky had also arranged the same melody for two pianos). The theme is repeated, building to an exhilarating ending. The chromatic chords that end the ballet outline the Firebird’s motif, bringing the ballet to a magical conclusion.

Search Posts by Categories:

and subscribe to our social channels for news and music updates:

Categories
Beautiful Music Film & TV Music

Joe Hisaishi 久石譲 – Cinema Nostalgia

Joe Hisaishi – Cinema Nostalgia. Find his sheet music in our Library.

joe hisaishi free sheet music pdf

久石 譲(ひさいし じょう、Joe Hisaishi、1950年12月6日 – )は、日本作曲家編曲家指揮者ピアニスト。本名、藤澤 守(ふじさわ まもる)。歌手の麻衣は長女。

長野県中野市出身[2]長野県須坂高等学校国立音楽大学作曲科卒業。久石譲の名は、大学在学中に友人と話し合った結果、当時活躍していたクインシー・ジョーンズの名前をもじり漢字に当てたものに由来する[4][注 3]

映画音楽を中心に手掛ける。特に宮崎駿監督作品においては、『風の谷のナウシカ』以降、『風立ちぬ』まで29年間すべての長編アニメーション映画の音楽を手掛けている。また、北野武監督作品においても、『あの夏、いちばん静かな海。』からまでの7作品の音楽を手掛けている。

ソロ活動も行っており、多数のソロアルバムをリリースしている。これらのアルバムでは、指揮演奏プロデュースも手掛け、ジャンルにとらわれない独自のスタイルを確立している[10][11]。また、一部の楽曲では、自らボーカルを担当している。

ピアノ

  • PIANO STORIES(1989年、全音楽譜出版社
  • ENCORE オリジナル・エディション(2002年、全音楽譜出版社)
  • ETUDE〜a Wish to the Moon〜 オリジナル・エディション(2003年、全音楽譜出版社)

ピアノ(公式譜)

  • Asian X.T.C. オリジナル・エディション(2006年、全音楽譜出版社)
  • FREEDOM PIANO STORIES4 オリジナル・エディション(2007年、全音楽譜出版社)
  • PIANO STORIES BEST’88-’08 オリジナル・エディション(2008年、全音楽譜出版社)
  • PIANO STORIES2〜The Wind of Life〜 オリジナル・エディション(2008年、全音楽譜出版社)
  • Ghibli Best Stories オリジナル・エディション(2014年、全音楽譜出版社)

オーケストラ

  • オーケストラストーリーズ となりのトトロ(2002年、全音楽譜出版社)
  • Minima_Rhythm オーケストラスコア(2011年、ショットミュージック)
  • Melodyphony オーケストラスコア(2011年、ショットミュージック)
  • Stand Alone「坂の上の雲」より 声とオーケストラのための(2012年、ショットミュージック)
  • ハウルの動く城 オーケストラのための(2014年、ショットミュージック)
  • THE EAST LAND SYMPHONY(2019年、全音楽譜出版社)
  • The Border 〜Concerto for 3 Horns and Orchestra〜 / 3本のホルンとオーケストラのための協奏曲「The Border」(2021年、全音楽譜出版社)
  • コントラバス協奏曲(2021年、全音楽譜出版社)

オーケストラ(公式譜)

  • Spirited Away Suite(2020年、全音楽譜出版社)
  • Symphonic Suite “Kiki’s Delivery Service”(2021年、全音楽譜出版社)

室内楽

  • 「風の谷のナウシカ」より組曲5つのメロディー(1998年、全音楽譜出版社)
  • 弦楽四重奏曲集「カルテット」(2001年、全音楽譜出版社)
  • Vermeer & Escher(2012年、ショットミュージック)
  • Shaking Anxiety and Dreamy Globe 2台のギターのための(2015年、ショットミュージック)
  • Shaking Anxiety and Dreamy Globe 2台のマリンバのための(2015年、ショットミュージック)
  • 弦楽四重奏曲第1番(2015年、ショットミュージック)
  • Single Track Music 1 4本のサクソフォンと打楽器のための(2015年、ショットミュージック)

吹奏楽

  • ランナー・オブ・ザ・スピリット(2012年、ショットミュージック)
  • Single Track Music 1(2015年、東京ハッスルコピー)

合唱

  • かぐや姫の物語 女声三部合唱のための(2015年、全音楽譜出版社)※高畑勲との共作

受賞

国内

海外

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 「澤」は旧字体のため、媒体によっては「沢」と表記されていることもある
  2. ^ ソロ活動は1982年から
  3. ^ 「特別好きなミュージシャンというわけでもなかったし、深い意味は何もないんですよ」と語っている。
  4. ^ 久石が初期に使用していたソロユニット名
  5. ^ ただし前述の通り自作以外の吹奏楽編曲は数多く手掛けている
  6. ^ ただし「『ブレードランナー』の頃」と発言している
  7. ^ 第3楽章途中まで着手されたが、第1楽章のみ完成しコンサートにて試演。これがのちに「THE EAST LAND SYMPHONY」の第1楽章となった。
  8. ^ 2006年に初演された「アジア組曲」を発展させた楽曲
  9. ^ 合唱付き。2015年に完全版として楽曲を追加し、3楽章形式に変更。
  10. ^ ベートーヴェン交響曲第5番「運命」のモチーフをもとに作曲
  11. ^ 2005年に楽章を2つ足し完成
  12. ^ 管弦楽と合唱のために大幅な加筆と書き直しが行われた
  13. ^ ジブリ美術館の展示室音楽は「Musica del Museo」を除き、いずれも宮崎駿の誕生日に献呈された。
  14. ^ 天空の城ラピュタの音楽を全米公開のためにリアレンジおよび、一部新曲を追加したもの。ブルーレイ版に収録。
  15. ^ ビゼーの「真珠採り」を久石がアレンジした曲が使用された
  16. ^ オープニングおよびエンディングに『驚異の小宇宙 人体』のBGMが使用された

出典

  1. ^ 久石譲 2006, p. 106.
  2. ^ 久石譲 1992, p. 152.
  3. ^ 久石譲 1992, p. 163.175-176.
  4. ^ 岩切徹 2015, p. 194.
  5. ^ 『あの夏、いちばん静かな海サウンドトラック』リマスター版ライナーノーツ「音楽は生きている上で一番好きな事で、映画は二番目に好き。その両方を一遍にできるのが映画音楽です」と語っている
  6. ^ 『文藝春秋』2013年1月号、文藝春秋社、279p。
  7. ^ 飯田有抄「青春18ディスク 私がオトナになるまでのレコード史 第4回 久石譲 後編」『レコード芸術 2018年4月号』音楽之友社、2018年、14p。
  8. ^ 久石譲 略歴 ショット・ミュージック
  9. ^ 久石譲 2016, p. 255.
  10. ^ NHK「トップランナー」制作班編著『トップランナー VOL.7』KTC中央出版、1998年、8p。
  11. ^ a b 久石譲 2007, p. 158.
  12. ^ 久石譲 1992, p. 154.
  13. ^ 『釣りバカ日誌 ミュージックファイルVol.1』ライナーノーツ
  14. ^ 久石譲 1992, p. 157.
  15. ^ 『Keyboard Magazine 1999年8月号』リットーミュージック、1999年、31p。
  16. ^ 久石譲 2007, p. 88.
  17. ^ 久石譲 1992, p. 162.
  18. ^ 作家で聴く音楽JASRAC(2007年12月)
  19. ^作曲家・久石譲 3”. 2011年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月22日閲覧。デイリースポーツonline(2011年11月)
  20. ^ 久石譲 1992, p. 164.
  21. ^和声の権威 静かな喝破 作曲家・久石譲さん”. 2012年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月29日閲覧。読売新聞(2012年3月)
  22. ^ 1日2食、鉄人の流儀 久石譲さん NIKKEI STYLE(2017年3月)
  23. ^ くにおんぴーぷる国立音楽大学(1989年9月)「この仕事は、理性と感性の葛藤の連続なんです。そのために必要なしっかりとした理論を、私は恩師である島岡譲教授から教わりました」と語っている
  24. ^ 飯田有抄「青春18ディスク 私がオトナになるまでのレコード史 第3回 久石譲 前編」『レコード芸術 2018年3月号』音楽之友社、2018年、18p。
  25. ^ 久石譲 2006, p. 18.
  26. ^連載 久石譲が挑む「ハウル」の動く音 第11回「祝福したい関係」―後編”. 2004年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月26日閲覧。読売新聞(2004年3月)
  27. ^ 久石譲 1992, p. 181.
  28. ^ 『となりのトトロサウンドトラック集』LP版ライナーノーツ
  29. ^ 久石譲 1992, p. 186-187.
  30. ^ 久石譲 1992, p. 188.
  31. ^ 『キネマ旬報 1987年12月上旬号』キネマ旬報社、1987年、132p。
  32. ^ 『COMIC BOX 1986年11月号』ふゅーじょんぷろだくと、1986年、53p。
  33. ^ 会社概要 株式会社ワンダーシティ
  34. ^ 『坂の上の雲 オリジナル・サウンドトラック』ライナーノーツ
  35. ^ 高畑勲『映画を作りながら考えたこと』徳間書店、1991年、320p-322p。
  36. ^ 鈴木敏夫『ジブリの哲学』岩波書店、2011年、76p。
  37. ^ 久石譲 1994, p. 18.
  38. ^ 『アリオン イメージアルバム 風・荒野』ライナーノーツ
  39. ^ 久石譲 1992, p. 229.
  40. ^ 『COMIC BOX 1986年11月号』ふゅーじょんぷろだくと、1986年、55p。
  41. ^ 久石譲 1992, p. 57.
  42. ^ 「ロマンアルバム 天空の城ラピュタ」徳間書店、1986年、141p
  43. ^ 久石譲 1992, p. 63.
  44. ^ 久石譲 2007, p. 37.
  45. ^ 『yom yom vol.61』 新潮社、2020年、p359
  46. ^ 宮崎駿『出発点』徳間書店、1996年、498-499p。
  47. ^ 久石譲 1992, p. 126-127.
  48. ^ 淀川長治編『フィルムメーカーズ2 北野武』キネマ旬報社(1998年2月)p128
  49. ^ 『もののけ姫 サウンドトラック』ライナーノーツ
  50. ^ NHK「トップランナー」制作班編著『トップランナー VOL.7』KTC中央出版、1998年、11p。
  51. ^ 前島秀国「映画音楽の魔術師 久石譲が奏でる新しい旋律」『プレミア 2001年10月号』ハースト婦人画報社、2001年、70p。
  52. ^ 「飯島愛 対談連載 お友達になりたい!」『日経エンタテインメント!』2005年3月号、日経BP社、2005年、61p。
  53. ^久石譲さん、カンヌで演奏 キートンの映画に作曲”. 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月18日閲覧。47NEWS(2004年5月)
  54. ^ 久石譲 2007, p. 10.
  55. ^ 「ハウル」の久石譲 LA批評家協会音楽賞受賞 アニメ!アニメ!(2005年12月)
  56. ^ 2007年JASRAC賞 「ハウルの動く城BGM」が金賞を受賞JASRAC(2007年5月)
  57. ^ JASRAC大賞に「ハウルの動く城」国際賞は「名探偵コナン」 アニメ!アニメ!(2007年5月)
  58. ^ 公式サイト June 17.2008 タイトル「UBEDA FILM FESTIVAL 音楽賞ノミネート」より。2008年9月閲覧。
  59. ^ 久石譲が香港電影金像奨作曲賞受賞!作品賞はジェット・リー主演作映画.com(2008年4月)
  60. ^ “香港のアカデミー賞”久石譲さんに音楽賞ZAKZAK(2008年4月)
  61. ^ 『おくりびと』オスカー獲得!米アカデミー賞・外国語映画賞受賞オリコン(2009年2月)
  62. ^ “奇跡の大逆転”でオスカー受賞「おくりびと」本木雅弘&滝田監督凱旋会見映画.com(2009年3月)
  63. ^ アカデミー賞で「おくりびと」に外国映画賞、日本映画初ロイター(2009年2月)
  64. ^久石譲さん、中島みゆきさんらに紫綬褒章”. 2009年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月18日閲覧。日テレNEWS24(2009年11月)
  65. ^ 中島みゆきに紫綬褒章「いただきます!」 日刊スポーツ(2009年11月)
  66. ^ 久石譲氏が招聘教授に就任国立音楽大学(2010年4月)
  67. ^ 久石譲のLIFE is MUSIC ニッポン放送(2010年10月)
  68. ^作曲家の久石譲さん、アカデミー会員候補に”. 2013年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月7日閲覧。朝日新聞デジタル(2013年6月)
  69. ^久石譲、音楽祭で「全国に発信」…新長野市民会館の芸術監督内定”. 2013年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月23日閲覧。読売新聞(2013年6月)
  70. ^ 長野市芸術館公式サイト Nagano City Arts Center 長野市芸術館
  71. ^久石さん、長野市芸術館芸術監督を退任へ”. 2018年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月10日閲覧。信濃毎日新聞(2018年7月)
  72. ^ DECCA GOLDより2020年2月世界リリース決定! ユニバーサルミュージック(2019年11月)
  73. ^ 久石 譲氏 Composer in Residence and Music Partner 就任のお知らせ 新日本フィルハーモニー交響楽団(2020年7月)
  74. ^ 久石譲、新日本フィルハーモニー交響楽団の Composer in Residence and Music Partner に就任 SPICE(2020年7月)
  75. ^ 作曲家久石譲さんが正指揮者に 大阪のセンチュリー楽団で来春 共同通信(2020年7月)
  76. ^ 久石譲さん「クラシック身近に」日本センチュリー響指揮者就任会見 毎日新聞(2021年3月)
  77. ^久石譲がアルバム発売 アニメ音楽、クラシックに「作品化」念頭に最新ジブリ映画など”. 2014年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月28日閲覧。毎日新聞 2014年11月27日 東京夕刊
  78. ^ 渡辺尚子「創造の現場36 久石譲 音楽家」『Pen 2011年7月15日号 No.294』CCCメディアハウス、2011年、p126
  79. ^ 神舘和典「サウンドトラックがシンフォニックに。パーソナルな楽曲が普遍的な作品へ。」『クロワッサン』2014年11月10日号、マガジンハウス、143p。
  80. ^ 『LEAF』2014年12月号、山口新聞舗、77p。
  81. ^ 『月刊Piano』2013年8月号、ヤマハミュージックメディア、7p。
  82. ^ a b c 岩切徹 2015, p. 198.
  83. ^ 『宮崎駿と「もののけ姫」とスタジオジブリ キネマ旬報臨時増刊』キネマ旬報社、p94、1997年
  84. ^ 『「もののけ姫」を読み解く』ふゅーじょんぷろだくと、1997年、120p。
  85. ^ 『WORKS IV』ライナーノーツ「ほぼ2年間にわたってオーケストラというものと格闘してきた。そこを是非聴いていただきたい」と語っている
  86. ^ 久石譲氏「Macはヒューマン。よく固まるけどそれも楽しい」NEWSポストセブン(2011年11月)
  87. ^ 『KB SPECiAL 1994年9月号』立東社、1994年、15p。
  88. ^久石譲 Special Interview”. 2005年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月16日閲覧。Apple(2005年11月)
  89. ^ a b 『Sound & Recording Magazine 2014年11月号』リットーミュージック、2014年、30p。
  90. ^ Joe Hisaishi presents MUSIC FUTURE Vol.5 – Joe Hisaishi Interview Joe Hisaishi Official(2018年10月)
  91. ^ 林真理子「マリコのゲストコレクション 509 久石譲」『週刊朝日』2010年3月26日号、朝日新聞出版、72p。
  92. ^ 久石譲 1994, p. 75-76.
  93. ^ 「この1曲が好き!第37回」『音楽の友』1998年4月号、音楽の友社、p130。
  94. ^ a b キネ旬ムック『オールタイム・ベスト 映画遺産 映画音楽篇』キネマ旬報社、2010年、139p。
  95. ^ a b 『ROADSHOW 2002年4月号』集英社、2002年、99p
  96. ^ a b 久石譲 2007, p. 89.
  97. ^ 久石譲 1992, p. 148.
  98. ^ 久石譲 1992, p. 52-53.
  99. ^ 久石譲の娘・麻衣が語る“親子の葛藤” 歌手になる…父の説得に3年夕刊フジ(2012年11月)
  100. ^ プロ論。リクナビNEXT(2008年10月)
  101. ^ 楽団インタビューNHK交響楽団(2012年11月)
  102. ^ 久石譲 1992, pp. 161-162.
  103. ^ 久石譲 1992, p. 167.
  104. ^ 久石譲 1992, p. 166.
  105. ^ 久石譲 1994, p. 10.
  106. ^ 久石譲 2016, p. 173.
  107. ^ 『音楽の友 1998年4月号』1998年、音楽之友社、p131。
  108. ^ 久石譲 1992, pp. 172-173.
  109. ^ 久石譲 1992, pp. 177-180.
  110. ^ 『Piano Solo I am』ドレミ楽譜出版社、1991年、13p。
  111. ^ 『SWITCH 2001年7月号』スイッチ・パブリッシング、p112、2001年
  112. ^ 久石譲 1992, pp. 195-196.
  113. ^ 「30年来の夢のアルバム」web R25(2009年9月)
  114. ^ 久石譲 2016, p. 16.
  115. ^ 久石譲 1992, pp. 204.
  116. ^ NHK「トップランナー」制作班編著『トップランナー VOL.7』KTC中央出版、1998年、p8、29-30。
  117. ^ 久石譲 2006, pp. 126-128.
  118. ^ 『キネマ旬報 1987年12月上旬号』キネマ旬報社、1987年、134p。
  119. ^ 久石譲 2007, p. 99.
  120. ^ 久石譲「久石譲の音楽的日乗」『CLASSIC PREMIUM 2』2014年2月4日号、小学館
  121. ^ 久石譲 2016, p. 17.44.
  122. ^ 久石譲が続けてきた音楽を未来につなぐチャレンジONTOMO(2020年10月)
  123. ^ 久石譲&ワールド・ドリーム・オーケストラ2014 鎮魂奏でる旋律美、悲しみと安らぎ宿る日本経済新聞(2014年8月)
  124. ^ 久石譲 2006, p. 125.187.
  125. ^ 久石譲 2007, pp. 98-103.
  126. ^ 久石譲、エンタテインメントとクラシックの未来を語る「人に聴いてもらうことは何より大事」 リアルサウンド(2014年10月)
  127. ^ 久石譲、エンタテインメントとクラシックの未来を語る「人に聴いてもらうことは何より大事」 リアルサウンド(2014年10月)
  128. ^ 『MOSTLY CLASSIC』2015年1月号、110p、日本工業新聞社
  129. ^ 久石 譲(作曲/長野市芸術館芸術監督) 皆さんに21世紀の音楽シーンを体験してほしいですねSPICE(2016年4月)
  130. ^ 久石譲プレゼンツ ミュージック・フューチャー Vol.6(2019年)
  131. ^ 『崖の上のポニョイメージアルバム』ライナーノーツ
  132. ^ 『SUPER ORCHESTRA NIGHT 2001』ライナーノーツ
  133. ^ 久石譲 2007, p. 18.
  134. ^ 新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ 新日本フィルハーモニー交響楽団
  135. ^ Joe Hisaishi Symphonic Special 2005 映画.com
  136. ^ 崖の上のポニョ公開記念 久石譲in武道館All About(2008年8月)
  137. ^ 『別冊カドカワ 総力特集 崖の上のポニョ featuring スタジオジブリ』角川ザテレビジョン、2008年、p142-144。
  138. ^ 久石譲、震災チャリティ公演ツアー・スタートBARKSニュース(2011年6月)
  139. ^ 久石譲、伊映画祭で特別功労賞受賞!現地で特別コンサートも開催 映画.com(2015年3月)
  140. ^ メディア情報 TV 久石譲 in パリ -「風の谷のナウシカ」から「風立ちぬ」まで 宮崎駿監督作品演奏会- 久石譲オフィシャルサイト (2017年8月)
  141. ^ 久石譲 in パリ NHK
  142. ^ Joe Hisaishi Symphonic Concert:Music from the Studio Ghibli Films of Hayao MiyazakiOverlook
  143. ^ Joe Hisaishi – Paris Concerts – 2017Sound Track Fest, 17 June, 2017
  144. ^ 久石譲 ワールド・ドリーム・オーケストラ BS日テレ(2018年)
  145. ^ 久石譲&ワールド・ドリーム・オーケストラ 2019(2019年)
  146. ^ 『海獣の子供 オリジナル・サウンドトラック』ライナーノーツ
  147. ^ 作曲家・久石譲に訊く。なぜ、NY・カーネギーホールに挑むのか? GQ JAPAN(2018年11月)
  148. ^ 久石譲 1992, p. 36-37.
  149. ^ 『風の谷のナウシカ シンフォニー編「風の伝説」』ライナーノーツ
  150. ^ 『Zakki Vol.2』ビクターエンタテインメント、2000年、p15。
  151. ^ 『PIANO STORIES’99 Ensemble Night with Balanescu Quartet』パンフレット
  152. ^ 手塚美和「理想があるんだ。だからもう来年の夏の企画までできてるもん(笑)」『月刊ピアノ 2005年9月号』ヤマハミュージックエンタテイメント、2005年、p13
  153. ^ 新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ 新日本フィルハーモニー交響楽団
  154. ^ 久石譲率いるフューチャー・オーケストラ・クラシックスが第2弾コンサートを開催~新解釈のブラームス演奏に世界初演新作も SPICE(2020年3月)
  155. ^ 久石譲&フューチャー・オーケストラ・クラシックスのベートーヴェン・ツィクルス完結! タワーレコード(2019年6月)
  156. ^華の別れ”. テレビドラマデータベース. 2021年2月15日閲覧。
  157. ^ぴあの PIANO”. テレビドラマデータベース. 2021年2月15日閲覧。
  158. ^ 『Joe Hisaishi Classics vol.4 藤澤守:5th Dimension/ベートーヴェン:交響曲第5&7番』ライナーノーツ
  159. ^ 鈴木光司『天才たちのDNA』マガジンハウス、2001年、152-153p。
  160. ^ 『プレミア 2001年10月号』ハースト婦人画報社、2001年、71p。
  161. ^ “野村萬斎主演作クランクイン目前、猿之助、貴一、蔵之介、浩市共演のエンタメ時代劇”. 映画ナタリー. (2016年4月6日) 2016年4月6日閲覧。
  162. ^ “人気RPG「二ノ国」ジブリ出身・百瀬義行監督で長編アニメ化!主演は山崎賢人”. 映画.com. (2019年2月9日) 2019年2月9日閲覧。
  163. ^秋の褒章、中島みゆきさんら受章 678人、24団体”. 2014年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月27日閲覧。47NEWS(2009年11月)
  164. ^第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月20日閲覧。
  165. ^ “久石譲、伊映画祭で特別功労賞を受賞”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2015年3月12日) 2018年4月17日閲覧。
  166. ^ “石井裕也、第12回アジア・フィルム・アワードで監督賞受賞!”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2018年3月19日) 2019年4月5日閲覧。
  167. ^ “香港電影金像奨でアン・ホイ監督作が最多5冠、久石譲は作曲賞受賞”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年4月17日) 2018年4月17日閲覧。

参考文献

  • 飯倉誠人「Special Interview」『Piano Solo I am』ドレミ楽譜出版社、1991年。
  • NHK「トップランナー」制作班編著『トップランナー VOL.7』KTC中央出版、1998年。
  • 「日本のサウンドトラック・クリエイター」『Keyboard Magazine 1999年8月号』リットーミュージック、1999年。
  • 岩切徹『人のかたち ノンフィクション短編20』平凡社、2015年4月。ISBN 978-4582836813
  • レコード芸術・編、飯田有抄『青春18ディスク 私がオトナになるまでのレコード史』音楽之友社、2021年。

Wikipedia.

Search Posts by Categories:

and subscribe to our social channels for news and music updates:

Categories
Best Classical Music

Stavros Lantsias Waltz Of The Eyes

Stavros Lantsias: Piano
Yiannis Papagiannis: Oboe

Nikos Sidirokastritis: Tympans
Vangelis Zografos: Contrabass
Alfredo Shtuni: Violin
Monica Dhamo: Violin
Altin Thanasi: Viola
Granit Camperi: Violoncello
Haig Yazdjian: Oud, Voice

Stavros Lantsias was born in Nicosia-Cyprus in 1966. He studied classical piano and music theory, continuing his studies in Boston, MA at Berklee College of Music where he graduated in 1990 with a bachelor of music degree in arranging. He also received the Count Basie Jazz Masters Award for pianists in 1989 and the Quincy Jones Jazz Masters Award for arrangers in 1990.

After Berklee, he continued his jazz piano studies with highly respected educator Charlie Banacos. Lantsias is in high demand as a pianist and arranger, actively performing with some of Greece’s most respected and acclaimed artists. One of his most important projects is Human Touch, a group he has formed with long-time collaborators David Lynch and Yiotis Kiourtsoglou. In their first studio recording, apart from composing and playing the piano, Stavros expands his playing with drums, percussion and acoustic guitar.

In 1999, Stavros Lantsias signed a recording contract with Warner Music Greece and since has released two solo albums: Return (November 1999) and The Journey of a Note (April 2002). In these albums he demonstrates his compositional and orchestration skills performing with both jazz and classical ensembles.

His last album Diary of Dreams was released in 2011.

Stavros Lantsias free sheet music & pdf scores download

Search Posts by Categories:

and subscribe to our social channels for news and music updates: